ようこそお越しください 上海賛兮環境保護技術有限公司 ホームページ!

+86-133-4181-8667
+86-132-9148-7687
+86-159-2137-6162
+86-021-5771-1393

現在位置: トップページ » ニュースセンター » 自然分解性パルプ・モジュールと...

ニュースセンター

ホットニュース

私たちに連絡する

上海賛兮環境保護技術有限公司

連絡先:+86-133-4181-8667 リーフ社長

連絡先:+86-132-9148-7687 張支配人

連絡先:+86-159-2137-6162 支配人を占める

座机:+86-021-57711393

地址:上海市松江区九新公路868号


自然分解性パルプ・モジュールと分解性プラスチック包装

アクセス数 : 96
編集時間: 2020-08-12

自然分解性パルプ・モジュールと分解性プラスチック包装


現在、全世界のプラスチック総生産量は1億トン/年を超え、包装用プラスチックは全プラスチック市場の30%以上を占めている。統計によると、プラスチックごみはごみの全体積の30%ぐらいを占める。ごみの総重量の10%を占めていますプラスチックごみの分解しにくいことは都市ごみの消化しにくい重要な方面になっている。埋め立て時の敷地が多く,焼却はエネルギーを回収できるが,焼却の不当による大気汚染が懸念されている。


使い捨てプラスチック包装材料の環境問題回収・再利用が不可能な使い捨てプラスチック包装は,主に発泡ポリスチレン(PS)などの包装材料を指し,環境汚染の要因の一つである。使い捨てプラスチック包装材料は持続不可能な消費製品であり、持続可能な消費材料とは、材料の分解性だけでなく、資源、エネルギーも節約し、回収しやすく、価格も安い。


石油はプラスチック製品の原材料であり、石油は再生不可能な一次的な天然資源であり、貴重な限られた石油資源を一次的に舎ててしまう包装製品に使用すると、資源の浪費が著しく、世界の原油は50年後に枯渇する。そのため、使い捨て包装プラスチックの無制限生産と使用は世界的なエネルギー問題になる。

自然に分解できるパルプ・モジュール


使い捨てプラスチック包装を解決する方法として,現在国内では紙製包装と生分解性プラスチック包装の2つの方法が提案されている。紙制の包装はまたFDAの標准に符合する純粋な繊維の板紙とパルプの成型包装材料に分けます;生分解性プラスチック包装は光分解、生分解及び澱粉分解の三つの基本的な大類に分けられ、それぞれの優位性と劣勢がある。


生分解性プラスチック包装材料プラスチックの生分解問題は多国籍研究の重大な課題の一つである。現在、生分解性プラスチックは大きく分けて完全分解性と部分分解性に分けられる。完全生分解性プラスチックは、細菌を発酵させる方法、遺伝子組み換えの方法、化学合成の方法などの生物工学的方法を用いて、完全生分解性プラスチックを生産する。例えばポリ乳酸(PLA)、ポリヘキシル(PCL)、ポリプロピオンアルデヒド酪酸エステル(PHB)、脂肪族ポリエステル(Bionol)などである。


現在、これらの製品は高価格のため、商業市場には参入できない。一部の分解性プラスチックはプラスチックの分子構造に変化がなく、物理的な方法を用いて、一部の感光剤或いは分解性のある生物製品、例えばでんぷんなどをプラスチックに混ぜ、光の照射下で、感光剤が作用し、プラスチックを劣化と崩壊させることができる。デンプンを混ぜたプラスチックは,その中のデンプンが生物や微生物によって生分解され,プラスチックが崩壊する。プラスチックの分解は部分分解の目的を達成できるが、石油資源の消耗、加工技術の未熟、製品の品質の不安定などの問題がある。


紙包装の纸制品から由来の木草セルロース、特にパルプ模制品の原料は紙切れと年生草本植物、原料の出所が豊富、安い品用の後、廃棄物を分解しやすい、环境破壊しないし、また、廃物回収生産の原料の出所を形成しながら製紙資源量を減らし、できるとが、纸の材料のもとでパルプ生産過程で、大量のエネルギーを節約に資源や環境保護を要請した。プラスチック製品にとって,パルプ型製品は,軽量,実用,衛生性の面で比肩される。自然に分解できるパルプ・モジュール


上海賛兮環境保護技術有限公司 All Rights Reserved  備考号:沪ICP备20018651号

+86-133-4181-8667